365嫁 -365yome-

Pocket

 

世界一周26日目『ルアンパバーンの托鉢はもう美しい光景ではないかも』

托鉢 ルアンパバーン

世界一周する前に旅のブログを見て敬虔な仏教徒を見られるとルアンパバーンにいつか行ってみたいと思っていた。上記がその修業の一つの托鉢(たくはつ)で「仏教やジャイナ教を含む古代インド宗教の出家者の修行形態の1つで、信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞い、信者に功徳を積ませるもの」と言われている。同じ仏教徒とうたって旅をする僕ら夫婦とは何か威厳が違う仏教徒の姿を実際に感じたく、まだ空は薄暗い早朝5時に起き、その光景を待った。最初は人はほとんどいなかったが、少しずつ集まってきた。と思ったら殆どの人が托鉢ツアーの観光客で、ざわざわとうるさい。多すぎるほどの席が用意され、レクチャーを受け始めた。実際にお坊さんたちの托鉢が始まるとさらに人は増えた。僕らの見て回った通りではその中の数%ほどの人しか地元民はいないのではないかとさえ感じられた。これほど宗教の申請なる行いが観光化されていることにショックを受けた。僕ら二人とも普段は何か感動した時はどこがどうよかったかお互いに言うのだが、今回はそれがなかった。多分嫁も同じ気持でどこか複雑でどう捉えたら良いのか分からなかったのだと思う。写真も数十枚撮って終わりにしてしまった。何かすっきりしないそんな一日のスタートだった。

托鉢 ルアンパバーン

 

 

世界一周27日目『カゴに入った少年。なぜカゴに?』

DSC_2381−1-02

ラオスの人々は優しいといろんな人に聞いて来た。それはここに来てしばらくいればすぐにわかった。ベトナムで笑顔で話してくれる人が少なかったせいもあるがこちらまで顔が怖くなってしまっていると最近お互いに感じている。それをこっちの人のふとした笑顔で温かい気持ちにさせてくれる。特に子どもたちは表情を一気に柔らかくしてくれる。そういえばフィリピンの子どもたちは本当に人懐っこかった。そして目がくりくりで可愛かった。夫婦ともに子供が好きでどこにいてもふと可愛い子どもに目が行き手を振ったり話しかけたりしてしまう。写真のこの子は可愛いというより衝撃を受けたという印象か。なぜカゴに入ってしまっているのか。謎すぎた。ベトナムとラオスの子どもたちはめちゃめちゃシャイでこの子も例外じゃなかった。シャイでもいいからこれからもこの旅で子どもたちには関わっていきたいよね。

DSC_2387−1-01

DSC_2395−1-01

 

 

世界一周28日目『教科書に出てきたメコン川が目の前に』

メコン河 プーシーの丘

トヨタのアクアのCMを見て初めてタイムラプスという映像手法があることを知った。あのCMを見た時の感動は今でも覚えている。その時はどうやって撮影するのか検討もつかなかったが、カメラが趣味になってしばらく経って自分のカメラを使ってタイムラプス動画を作れることを知った。日本にいるときはなかなかチャレンジできなかったが、旅に出てから世界中の綺麗な風雨系を写真だけでなく映像にも残したいという欲が出た。この写真の向こう側に見えるのがメコン川である。小学校蚊中学校か忘れたが、歴史の授業で勉強した事がある風景が今自分のまさに目の前にある幸せはこんなにもすごいものだと思わなかった。それを笑ってくれ、何時間もひたすら同じポジションで一緒に撮影に付き合ってくれる嫁に本当に感謝してる。「だって、撮りたいんでしょ?いいよ」と。多分目の前の想像もできない綺麗な風景を目の当たりにした時の僕の目が子供みたいなんだろう。ごめんな。でもありがとう。これからも長い撮影に付き合ってください。w

 

 

 

世界一周29日目『ルアンパバーンの竹の橋のふわふわ感がたまらなく好き』

ルアンパバーン 竹の橋

ルアンパバーンを自転車で散策中。遠くに竹の橋を発見。メコン川に流れ込むカーン川にかかっているこの橋は乾季の水が少ない時だけ作られるという。おばちゃんに通行料を払い二人で渡ってみた。キシキシと音を立て、歪みながらも頑丈に支えてくれるこの橋を渡っていると子供の頃のワクワク感を思い出した。いつかバキッと折れてしまうのではないか。子供の頃はどこか少しだけ身に危険があるようなことをすると心がドキドキし、興奮した。それが好きだった。その頃の気持と似ていた。慣れてくると心地よいギシギシ・ふわふわした感触の橋はひとつのアトラクションのようだった。そんな様子をビデオに収める、ビデオ係の嫁。この橋の周辺だけで1時間以上も遊べる二人が幸せだと感じた。

メコン川の見えるところで

 

 

 

世界一周30日目『メコン川で金をゲット!?』

メコン川の砂金?

メコン川のすぐ近くを散歩中。嫁が珍しく大きな声を出した。「コレ砂金じゃない?」と。ほんとかよ?砂金なんてそんな簡単に取れんの?半信半疑で目を凝らすと確かに光っている。これは本当に砂金なのか・・・貝殻が細かく砕けたものじゃないか?それにしては金色に光っている。本当に砂金っぽいと、僕までワクワクしてきた。でも正確に知るすべはないので、コレを大事に持ち帰り、親父に確かめてもらおう。旅の途中で僕らは金を手に入れた!いざ帰ってみて確かめたらなんてことはないただの砂だったということも考えられるが、これはこれで夢があっていいと近くに落ちていたビニール袋に丁寧にすくって持ち帰ることに。表面のキラキラしたものだけ掬いたいがどうしても砂が交じる。なるべく丁寧に何度も何度も掬って集めていると30分以上は軽く過ぎていた。それでも二人にとっては好きな時間だった。帰って親父になんて言われるだろう。

メコン川の砂金?

 

 

お願い!

最後までお読み頂きありがとうございます。ブログランキング参加始めました。

できれば以下を一回クリックお願いします!応援も意味も兼ねて是非ともよろしくお願いします。
クリックによりランキングが上がるみたいです。他の楽しい旅のサイトも多数ありますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
一日一回のクリックによって私達の旅のモチベーションとなります。

 

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2016/06/04

スポンサーリンク

青の洞窟 ギリシャ メイス島
【動画】イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた

イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた &n

cappadocia
【動画】絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー

絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー   久

カッパドキア 気球
【動画】カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色

カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色   ト

セブ島 cebu
【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島

【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島   写真だ

カッパドキア cappadicia
【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア

【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア   新し

→もっと見る

  • 〜ルート〜 フィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→トルコ→ギリシャ→トルコ→ブルガリア→イタリア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フィンランド→スペイン→モロッコ→スペイン→メキシコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ→コロンビア→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→アルゼンチン→チリ→メキシコ→日本帰国しました
  • Sota:子供の頃からムチャが好き。山遊びが好きで怪我が絶えなかった。寿司と生魚が食べられないので日本人ではないとよく言われている。高校の時から海外に興味を抱きながらも個人旅行は今回が初めて。
    Ai:虫が大の苦手。南国フルーツもアレルギーで食べられず。汚いのが嫌い。見た目はきれいめだが、実は子供の頃からやんちゃ。同じく怪我が多い幼少期。しかし海外は今回の旅で2回目。

    旅人草は世界新聞の旅するライターとして連載中
    • 276495総閲覧数:
    • 80今日の閲覧数:
PAGE TOP ↑