365嫁 -365yome-

Pocket

 

世界一周141日目『カッパドキアは奇岩だけでない!地下都市に大興奮!』

DSC_1521-01

Turkey,Cappadocia

カッパドキアにあるのは奇岩だけではない。笑顔が素敵な人々が出迎えてくれ、日本人を歓迎してくれている。「どうして最近日本人はカッパドキアに来なくなった?」と言われるのがすごく寂しかった。そして入場料を払ってまでも、満足した場所が、【地下都市】である。1万5千人の人が一時的の避難場所ではなく、恒久的に住む場所として地下に建設された巨大都市である。大きいものでは12階まであるらしが未だに未発掘らしい。それに5千年前に作らたというこのこの巨大都市が誰によってどういう目的で造られたのか未だにわかっていないという。本当に興味深い場所だった。薄暗いあかりは照らされているがしゃがまないと進めないところも多く、またとても入り組んでおり、自分が今何階当たりにてどっち方向を歩いているのかは全くわからなかった。誘導に従わないと絶対に帰ってこれないと思う。それでも、全員が持っている子供の頃の冒険心で、僕ら3人は明かりが灯っていない、常にしゃがんだままでないと進めないほど狭いところを下に進んでみた。ものすごい好奇心に突き動かされて。明かりは自分たちが持っているスマホの明かりだけだ。これを消して見るとほとんど経験したことないほどの暗闇に襲われた。やがて女性二人は通れないほど狭くなり、僕だけがさらに進んだ。そして四つ這いでないと進めないほど狭くなっていく道でついに断念した。まだ奥底に続く道に後ろ髪を引かれながら、でもこれ以上行ったら戻ってこれなくなるという恐怖も相まって、3人で大興奮で外に出た。子供のころの冒険心は誰もが持っているんだなと思った。  ここカッパドキアにある地域では細かい模様を描きこんだ綺麗な陶器が数多くあった。それが洞窟の中に綺麗に並べられ置かれているので見ているだけで楽しい。直帰するなら買って帰りたいほど良い物もたくさんあった。そうして大満足のうちにカッパドキア観光を終えた。

カッパドキア 地下都市

カッパドキア 地下都市

DSC_1484-01

DSC_1517-01

DSC_1439-01

 

 

 

 

世界一周142日目『トルコ・カシュでの久々の自炊は最高のアクティビティ』

DSC_1573-01

Turkey,Kas

トルコのカシュってどこ?トルコの南の端の端。なぜここに来たか。旅で知り合ったさきちゃんと料理が久しぶりにしたかったから・・・・それは嘘です。結果的にキッチンとバルコニー付きでさらに2部屋付いてる部屋に、偶然話しかけたおばちゃんに紹介してもらった。すごい日本食に飢えてたから本当にありがたかった。宿泊代も3人で割って一人1500円ほど!・・・ってここに来た理由を説明してない。ここに来たのは「青の洞窟」を見るため!知っている人の多くは「青の洞窟」というとイタリアを想像する。でも実はトルコ・カシュから船ですぐ行けるギリシャの島「メイス島」でも青の洞窟ツアーをしている。そしてこっちのほうがメリットが大きい。メリットは後述するとして、まずは宿ゲット。そして久々の自炊ができるキッチン付きの部屋なので存分に楽しむことに。和風ダシをさきちゃんが持っててくれたので、ハンバーグもサラダも日本の味付けに。久々の自炊は観光することも必要ないくらい面白いアクティビティだった。そして久々の日本食は本当に幸せだった。 近くの古代劇場でジャイアンの気分になった二人。満足そう。 さて、満腹になった夜には明日の天気を祈るばかりだ。「どうか明日の洞窟が綺麗に見れますように。」

DSC_1567-01

DSC_1904-01

DSC_1836-01

DSC_1899-01

 

 

 

 

世界一周143日目『イタリアではなくギリシャ・メイス島の青の洞窟をオススメする5つの理由』

青の洞窟 ギリシャ・メイス島

Turkey,Kas

ここは【青の洞窟】。イタリアではなくギリシャ・メイス島にある洞窟で、トルコ・カシュからすぐに行ける島にある。ここの綺麗さは説明不要だ。入った瞬間に目を疑うほどに青く澄んだ空間が広がっていた。想像以上に広い空間で泳ぎ、全身で透明感を実感した。長くはないその時間だが、大満足に終わった。イタリアではなくここギリシャの島の青の洞窟にいくメリットはたくさんあると思った。メリット①泳げる!(イタリアでは泳げない)、②長く入れる!(イタリアでは正味2分ほどしか入っていられないらしい)、③まだそれほど知られた場所ではないので人が少ない(イタリアは激混み)、④波が落ち着いている(イタリアでは波が高いと入れない。割合は年間2/3程度にも及ぶらしい。)、⑤コストが安い(イタリアに行ってないので正確には分からないがツアーは高いらしい)。その他にもたくさんメリットはありそうだが、僕らが感じたものはこんな感じ。青の洞窟だけではないここメイス島は透明度が高い海で遊べるのはもちろんだが、オレンジの屋根で統一されているが壁が色とりどりと可愛い家々が並ぶ、それを見ているだけでも楽しかった。トルコ国内のルートを大きく変え、ここに来た甲斐が本当にあったと二人で感動した。

青の洞窟 ギリシャ・メイス島

DSC_1698-01

DSC_1718-01

DSC_1733-01

ギリシャ・メイス島

ギリシャ・メイス島

 

 

 

 

世界一周144日目『365嫁- 美しい棚田は今?パムッカレで確かめる』

パムッカレ

Turkey,Pamukkale

トルコに来たらカッパドキアの次に来たかった場所【パムッカレ】。白い石灰が沈殿してできた棚田のような風景が有名だ。なんでそんな風になったのか摩訶不思議な空間に実際に立ちたくて目的地の一つに入れていた。予め写真でイメージを作りたくはなく、なるべく写真は見ずにここに来て驚いた。想像以上に巨大な白い物体(いや、空間?)が1キロ以上離れた場所からもはっきりと見えるし、明らかに異空間だったから。近づけば近づくほど巨大な大きな白いものは不思議でならなかった。入場料を払い美しい棚田の風景を味わいたかったが、思ったより少ない。嫁調べではここパムッカレの温泉がホテルと温泉が開発されすぎたために近年温泉が枯れてきてしまっているらしい。そのため一部に限って温泉を流しているようだ。だから棚田が水で埋め尽くされている空間は限られてしまっていた。少しさみしい気持ちにもなったが、観光客が少ない裏の方に回ると美しい風景は少なからずあった。それでも十分満足するほどゾクゾクする空間だった。水がない場所では雲に乗っているかのような写真も楽しめた。

パムッカレ

パムッカレ

DSC_1936-01

パムッカレ

パムッカレ

パムッカレ

 

 

 

 

 

世界一周145日目『カウチサーフィンを使えば宿泊無料!でもそれだけ?』

DSC_2057-01

Turkey,Pamukkale

トルコに入って4度目のカウチサーフィンを利用して無料で泊めてもらっている。最初僕らはカウチサーフィンを利用するのを”ただ宿泊費を節約するだけ”の目的で始めた。トルコの1ルームで1泊3000円から4000円することを考えると1泊でも泊めてもらえればありがたいと・・・そういう思いから始めたカウチサーフィンだけど、それ以上に得られる物が大きい。二人だけで観光しているだけでは絶対に味わうことができない地元の人の生の声に触れ、美味しいという食事を一緒に食べることができ、旅する前では経験もしたことないことが経験でき、利用しなければ会うことが出来なかったであろう面白い人に会うことができる。今回のホストはロン毛でイケメンで夜遊んでばかりいる大学教授。それだけでも日本では出会う事ができない人物だと思う。それだけでなく趣味が多彩、バイク、カホン(打楽器)、パラグライダー、サッカー、ダーツなどなど、知っているだけでもこれだけある。昼間は仕事をしてきて、夜は2時、3時まで遊び、また仕事に行く。僕らには想像もできない生活を本当に毎日楽しいそうに過ごしていた。その一部に連れて行ってもらった。写真の全ては同日の出来事で場所やコミュニティも変われば人のキャラも変わる。でも彼はどのコミュニティでも必要とされみんな彼を待っているかのように歓迎されていた。おじゃま虫の様についていった僕らでさえ歓迎してくれた。「日本って◯◯でしょ?」みんな日本人の僕ら以上に日本に興味がある。嬉しい半面、答えられない自分らが本当に悲しくなった。もっと知らなきゃねって。

DSC_2027-01

DSC_2038-01

DSC_2043-01

 

 

 

 

お願い!

最後までお読み頂きありがとうございます。

できれば以下を一回クリック!応援も意味も兼ねて是非ともよろしくお願いします。
表示が変わってワンクリックとなります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
一日一回のクリックによって私達の旅のモチベーションとなります。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2016/06/04

スポンサーリンク

青の洞窟 ギリシャ メイス島
【動画】イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた

イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた &n

cappadocia
【動画】絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー

絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー   久

カッパドキア 気球
【動画】カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色

カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色   ト

セブ島 cebu
【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島

【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島   写真だ

カッパドキア cappadicia
【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア

【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア   新し

→もっと見る

  • 〜ルート〜 フィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→トルコ→ギリシャ→トルコ→ブルガリア→イタリア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フィンランド→スペイン→モロッコ→スペイン→メキシコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ→コロンビア→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→アルゼンチン→チリ→メキシコ→日本帰国しました
  • Sota:子供の頃からムチャが好き。山遊びが好きで怪我が絶えなかった。寿司と生魚が食べられないので日本人ではないとよく言われている。高校の時から海外に興味を抱きながらも個人旅行は今回が初めて。
    Ai:虫が大の苦手。南国フルーツもアレルギーで食べられず。汚いのが嫌い。見た目はきれいめだが、実は子供の頃からやんちゃ。同じく怪我が多い幼少期。しかし海外は今回の旅で2回目。

    旅人草は世界新聞の旅するライターとして連載中
    • 254840総閲覧数:
    • 73今日の閲覧数:
PAGE TOP ↑