365嫁 -365yome-

Pocket

 

 

世界一周101日目『ハンピで僕らが一番好きな場所【モンキーテンプル】で猿にバナナやり』

DSC_8423-01

Inda,Hampi

バイクを借り、一日中走りまくった。現在聖域と言われるハンピ市内はバイクレンタルできないが、川向うで借りてきて、船で渡って無断で遺跡の中を爆走した。自分たちの行きたい所をいきたいタイミンでバイクレンタルは僕らは大好きなツールだ。そんなハンピの中でも一番好きな場所がモンキーテンプルと言われる場所で小さい山の上にある。そこから見える景色を朝の涼しい風にあたりながらゆっくり眺めるのが最高に贅沢な時間だった。無料で登れるのそこにはバイクレンタルしないといけない距離なのだが、そんなことは気にならないくらい何度も行きたい場所だ。この日は下の売店で売り物にならなくなったバナナを猿にくれなさいとうことでもらった。やすくんが持つバナナは開始10分で大量の猿に取られていき、最後はボス猿らしき大きな猿に幹ごと奪い取られた。インドはどこに行っても外国人は人気者になれるのだが、ここハンピでは特に人気ものになった。家族連れの観光客らしき人も多く子どもたちの純粋な目に吸い寄せられるように夢中でシャッターを切った。

DSC_8514-01

DSC_8482-01

DSC_8493-01

DSC_8525-01

DSC_8524-01

DSC_8537-1-01

DSC_8527-1-01

DSC_8244-1-01

 

 

 

世界一周102日目『日本に帰っても真似したい料理ばかり in Hampi』

DSC_8434-01

Inda,Hampi

ハンピは飯が美味い。特にここに来て初めて知った「シーズラ」という料理は店によって味も見た目も全然違うが大概美味い。多分鉄板料理のことを指し示すのだと思う。特に【チルアウト】のシーズラは格別に美味しい。キャベツ上に敷き詰められたお米とホワイトソースらしき濃い目のソースと野菜が絶妙に合う。朝食はいつも川沿いの1プレート20円から40円ほどで食べられるドーサやプーリが美味しかった。そして人生最も美味しいミルクシェイクに出会ったのもここハンピだ。カルヤンゲストハウスから数十メートルで行けるゲストハウスが経営するレストランで飲めるシェイクなのだが、ミルクを直接凍らせて、フレッシュなバナナとミックスしてくれるので濃厚かつ適度な甘みで本当に美味しかった。暑いハンピで毎日飲み、日によっては二杯も飲んだほど美味しかった。そこの子どもたちも可愛かった。毎日おいしい料理を我慢せずに食べられる幸せはなかなか味わえない。時に美味しくない料理が3食連続で続く場合もあるからだ。僕らの旅は”食”で支えられている。

DSC_8435-01

DSC_9012-01

DSC_9017-01

DSC_9021-01

DSC_8982-1-01

DSC_8876-01

 

 

世界一周103日目『朝日を見るためにMatanga Hilに毎日登る』

DSC_8785-01

Inda,Hampi

ここハンピでは規則正しい生活を送っている。朝5時に起き近くのマタンガヒルの30分かけて登り朝日を見る。ここもモンキーテンプル同様ハンピを一望できる絶景ポイントだ。特にこの日の朝日は軽く雲がかかった空をオレンジ色に染めながらポッと突然顔出した太陽をみんなで見た。朝食は前述した川のほとりの屋台で済ます。朝から軽い運動をしてくるもんだから日本に居た時は朝食はほとんど食べられなかったのに二人してバクバク食べた。そんなタイミングで丁度ゾウさんの水浴びが始まった。嫁が好きなゾウ。本当に気持ちよさそうにおそらく1時間以上ゆっくりと体を洗ってもらっていた。そんな朝から晩まで常に動き回って夜にはみんなと語る。最高だ

DSC_8849-1-01

DSC_8647-01

DSC_8652-01

DSC_8660-01

DSC_8765-01

 

 

 

世界一周104日目『お気づきでしょうか。インドで嫁は一度も帽子を被っていないということを。』

DSC_8858-1-01

Inda,Hampi

お気づきな人はもう気づいているだろうか。旅の途中で嫁が帽子を被らなくなったのを。いや、正確にはネパールに忘れてきたからかぶれなくなったのだが。トレッキングも共にしたお気に入りの帽子がなくなり、灼熱のインドでストールを巻くことで耐えてきた嫁。いい加減帽子を手に入れたいが、「可愛いのがない」とインドでは諦めたみたい。次の国スリランカ…は無理か。トルコあたりで手に入れようね。そういえばここハンピで不思議な衣装を纏った二人組に会った。ここハンピで警戒心が薄れた僕らは彼らと写真を撮り、チップを請求された。普段ならチップを請求されそうなら全く写真なんかたらなかったのになぜかここにいるとそれでもいいかと払った。それ程に心が穏やかになっていた。

DSC_8549-01

DSC_8865-01

DSC_8613-1-01

DSC_8399-01

DSC_6331-01

 

 

 

世界一周105日目『僕らのグラフティとの出会い。』

DSC_8892-1-01

Inda,Hampi

【グラフティ】ってよく知らなかった。やすくんと出会うまでは。前までは町中に描かれているただの落書きとしか思っていなかったw。しかし世界中にいる彼らにはマナーやルールが存在し手当たり次第描くわけではない。もちろんイリーガルな場合も多いらしいがw。そんなやすくんが「良い壁がある」と地元民に許可をもらい2時間で仕上げた壁をみんなで感心して見ていた。そんなやすくんに僕らのパックセーフ(バックパックを入れる袋)に僕らの名前を描いてもらった。これで世界で一つの僕らのカバンが出来上がった。ありがとう。やすくんとはハンピに向かうバスで出会い僕らが旅立つ明日まで四六時中一緒にいた。よく飲み(コーラ)、よく遊び(崖の上でジャンプしたり、メガネなくしたり、滝を見つけに行ったり)、よく食べた(やすくんのバラナシから続いていた下痢もハンピで治まった)。これからはきっと世界中のグラフティを意識して見るだろうね。日本帰ったらTシャツお世話になります(^^)

DSC_8975-1-01

DSC_8826-1-01

DSC_8766-01

DSC_8940-01

 

 

 

お願い!

最後までお読み頂きありがとうございます。ブログランキング参加始めました。

できれば以下を一回クリックお願いします!応援も意味も兼ねて是非ともよろしくお願いします。
クリックによりランキングが上がるみたいです。他の楽しい旅のサイトも多数ありますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
一日一回のクリックによって私達の旅のモチベーションとなります。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2016/06/04

スポンサーリンク

青の洞窟 ギリシャ メイス島
【動画】イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた

イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた &n

cappadocia
【動画】絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー

絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー   久

カッパドキア 気球
【動画】カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色

カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色   ト

セブ島 cebu
【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島

【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島   写真だ

カッパドキア cappadicia
【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア

【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア   新し

→もっと見る

  • 〜ルート〜 フィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→トルコ→ギリシャ→トルコ→ブルガリア→イタリア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フィンランド→スペイン→モロッコ→スペイン→メキシコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ→コロンビア→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→アルゼンチン→チリ→メキシコ→日本帰国しました
  • Sota:子供の頃からムチャが好き。山遊びが好きで怪我が絶えなかった。寿司と生魚が食べられないので日本人ではないとよく言われている。高校の時から海外に興味を抱きながらも個人旅行は今回が初めて。
    Ai:虫が大の苦手。南国フルーツもアレルギーで食べられず。汚いのが嫌い。見た目はきれいめだが、実は子供の頃からやんちゃ。同じく怪我が多い幼少期。しかし海外は今回の旅で2回目。

    旅人草は世界新聞の旅するライターとして連載中
    • 254840総閲覧数:
    • 73今日の閲覧数:
PAGE TOP ↑