365嫁 -365yome-

Pocket

 

 

世界一周91日目『一人ぼっちの夜景。おもしろくないな・・・』

メヘランガール砦

インド・ジョードプルのメヘランガール砦。そして家の壁が青く色塗られた街並み。でもこの美しい夜景を一人で見ても感動なんてほとんどしないものだね。僕がヒッチハイクで日本縦断してた時も感じたことだが、観光って一人で見てても面白く無いんだよね。誰かとその瞬間の感動を分かち合えた時に何倍にも膨れ上がるって。だからヒッチハイクも一人じゃ観光せずにひたすらヒッチハイクしまくった。そうすれば話す相手と出会えるから。寂しがりやなんだなって自分自身思う。普段は強がっているけど。この旅の目的も【世界の感動を二人で分かち合いたい。そして将来の生まれるであろう子供たちに二人して”世界って面白いんだよ”って言えるようになりたい。】って旅立った。だから一人で見るもの全てが贅沢にも面白く無いって感じてしまっている。早く良くなってくれ。

 

 

 

 

世界一周92日目『外気温43度。人生で一番熱い(暑い)夏をここインドで体験。』

DSC_7874-1-01

二人で2日で飲んだ飲料水。あと3本ほどはもう捨ててしまったので実際はこれ以上に多い。それ程にここジョードプルでは喉が乾く。太陽の照りつけが激しく、外を歩けば43度の気温が体中の水分を蒸発させていく。室内でも40度以上はあるように感じる。夜になっても気温は下がらず、この暑さのせいでベッドには熱気がこもり寝付けない。こまめの水分補給は必須。そしてそれに加え嫁は下痢の嵐。いつも以上に水分を摂らせる。トイレに行く前には腹痛が伴うため水分補給をいやがるが、摂らなければ脱水症状で死んでしまう。嫌がる嫁に無理やり飲ませる。そうしたペットボトルを並べてみて初めて自分たちが飲んだ水の量に驚いた。5月現在、インドでは夏と言われるこの季節。バラナシで会ったインド人にも「なんで今夏で熱いのに熱いほう行くの?」ッて言われた。確かにそうだな。暑さが苦手な二人にはこの暑さはしんどすぎる。そういえば43度なんて人生で初の体験だ。一番熱い(暑い)夏をここインドで体験している。

 

 

世界一周93日目『日本の味【味噌汁】は世界一周に必需品ではないか』

DSC_7896

日本の味、味噌汁に感謝。インスタント味噌汁を開発してくれた方に感謝。愛の友人たちと僕の母に感謝。ここに来て味噌汁が大活躍してます。「日本の味はうまい??みそ汁飲んで元気100倍」のコメントに返すとしたら・・・「美味すぎ!!!本当に涙がでるくらい美味い!!そして元気は100倍以上に頂いた!」本当にありがとう。熱も下がり、下痢も治まった嫁は食欲が出てきて、苦労して見つけたりんごジュースとグアバジュース。そして宿の人にお湯だけもらい味噌汁を飲んで体力回復させている。バナナとレモンも地元のおばちゃん達に紛れ計りで数十ルピー分購入。それを口にしても下痢は出なくなった。本当に良かった。お腹の具合が少し本調子ではないくらいでほかは回復したようだ。数日前からエアコンの効いた部屋で一日中安静にしていたのがよかった。ふぅ〜。安心したらドッと疲れが出た。少し長めに寝ちゃおうっと。

DSC_7890

 

 

 

 

世界一周94日目『人生で最も痩せた嫁。これからの目標は【太ること】』

DSC_7894

「人生で最も痩せちゃった」と話す嫁はすごく痩せてしまった。旅に出て5キロはすぐにダウンしたが、今回の件で更に痩せたらしい。痩せ過ぎは免疫力も低下するし、筋肉量が落ちると10キロ以上のバックパックを背負って歩くのは前以上に大変になってしまう。それに見た目も美しくない。健康的で少しぷくっとしてるくらいが女性は魅力的だと思うからだ。頑張ってこれからは食べよう。美味しいものを!たくさん!これまでは二人で一日5000円以下で旅するのを目標にやってきた。(衣)・食・住・移動・観光含め一ヶ月15万円で旅してきた。現在5ヶ月経過(フィリピン留学も含め)で300万円で旅する僕らの所持金は230万円ほど。これを多いと見るか少ないと見るか。ヨーロッパで例えばフランス・パリで”格安ドミ”で検索すると一人3000円ほど…”住”の部分だけで二人で6000円。高い。これに”移動”と”食”をプラスすれば1万円は軽く超えるんではないか。。。そういう計算を日々しながら目標である南米までの貯金を残さなければいけない。でも、極貧旅行だけではせっかくの新婚旅行がもったいない。たまには贅沢もしたい。そして今回痩せてしまった嫁を見て、逆に一日3000円以上は食べると言う目標はどう?と提案した。もちろんそんなことしたら多分南米までのお金は残ってないと思う。でもそのくらいの気持ちでガツガツ食べていこう!!そんな僕らは嫁がついに回復をし、次の街ウダイプルへ移動。インド初のバス移動に久々の緊張気味。うまくいくんかな?大丈夫かな?まぁ、結局どうにかなっちゃうんだよね。

 

 

 

世界一周95日目『深夜バスのストレスはここウダイプルが癒してくれた』

DSC_8022-01

夜行バスに揺られ、着いたホワイトシティ・ウダイプル。その”揺られ”具合が尋常じゃない。道や運転手の技術にも寄るのかもしれないが、この区間はひどかった。体は10センチは空中に浮く。そして左右に振られ2階のベッドから落ちそうになるのを必死にこらえながらの到着。バス停に着いた時には誰も教えてくれないから、僕ら二人だけずっと寝ていた。当然全員降りたと思っていたバス乗務員は僕らがまだ乗っていることに驚き、早く降りろと急がせる・・・いやいやいや終点に着いた時くらい教えてくれよ。インドの乗り物はこれが困る。気を取り直して一旦駅に荷物を預けに行き、チャイを飲む。この一杯でどれだけホッとさせてくれるか。将来やるであろうカフェにチャイは欠かせないなとか考えながら、リキシャと交渉し観光に。うざくないリキシャーマンと綺麗な街並み、人の穏やかさにすぐにバスのゴタゴタは忘れた。北から周ってきてここほど人がうざくなく、優しかったところはなかった。僕らはお湯を電気で沸かす電気コイルを旅中ずっと探していたが、それを伝えると「ジャパニーが電気コイルを探してるぞ。誰か知っているか?」「たぶん、あそこにある。ついてこい。」って一発で欲しかったものがゲットできた。しかも80円ほどで。切符を取っていたから1日しか滞在できなかったが、何日もいてもいいと思えるほど雰囲気のいい場所だ。

DSC_8052-01

DSC_7950-01

DSC_8006-01

DSC_8075-01

 

 

お願い!

最後までお読み頂きありがとうございます。ブログランキング参加始めました。

できれば以下を一回クリックお願いします!応援も意味も兼ねて是非ともよろしくお願いします。
クリックによりランキングが上がるみたいです。他の楽しい旅のサイトも多数ありますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
一日一回のクリックによって私達の旅のモチベーションとなります。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2016/06/04

スポンサーリンク

青の洞窟 ギリシャ メイス島
【動画】イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた

イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた &n

cappadocia
【動画】絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー

絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー   久

カッパドキア 気球
【動画】カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色

カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色   ト

セブ島 cebu
【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島

【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島   写真だ

カッパドキア cappadicia
【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア

【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア   新し

→もっと見る

  • 〜ルート〜 フィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→トルコ→ギリシャ→トルコ→ブルガリア→イタリア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フィンランド→スペイン→モロッコ→スペイン→メキシコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ→コロンビア→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→アルゼンチン→チリ→メキシコ→日本帰国しました
  • Sota:子供の頃からムチャが好き。山遊びが好きで怪我が絶えなかった。寿司と生魚が食べられないので日本人ではないとよく言われている。高校の時から海外に興味を抱きながらも個人旅行は今回が初めて。
    Ai:虫が大の苦手。南国フルーツもアレルギーで食べられず。汚いのが嫌い。見た目はきれいめだが、実は子供の頃からやんちゃ。同じく怪我が多い幼少期。しかし海外は今回の旅で2回目。

    旅人草は世界新聞の旅するライターとして連載中
    • 276500総閲覧数:
    • 85今日の閲覧数:
PAGE TOP ↑