365嫁 -365yome-

Pocket

 

世界一周86日目『人生初「ファック!」今日は何回言ったっけ?Fuckって・・・』

DSC_7220

「Fuck!」こんな言葉英語の通じない日本だって絶対に言わない言葉。でもここインドでは何回も使ってしまう。それ程に頭にくることが多い。こいつら頭悪いんじゃないのってくらいにしつこい。特にリキシャーマン達。街歩いてて小さい声で「マリファナ…マリファナ…」って僕に売りつけてこようとする人のほうが引きが早いから全然問題ない。リキシャーのオヤジ達はたとえ無視していようが「ドコイク?ヤスイヨ?ナマエハ?ジャパニーズ?コリアン?」ほとんど連発で喋ってくる。それに一言でも返そうものならば、どんな言葉にも返答してくる。日本語だろうが英語だろうが覚えたてのヒンドゥー語だろうが。後になってみればそこはさすがとしか言いようがないが、その時は本当に腹がってくる。罵声を言われることもあるし、女性なら卑猥な言葉も言われることもある。そんな時にイラッとせずに黙ってていいんですか?日本人は何も言い返さないし、手を出さないからつけあがるんじゃないの?あぁあ〜!むかつく!!日本人なめられたくないって思いがここでも強く出て、出すぎて…大声で「Shut up!Fuck you!」が出てしまう。時にはつかみ合いの喧嘩のようなものになる時もしばしば、それはさすがに嫁に止められるが。こんなにも一日に何回も超絶にイライラしたのは人生初めてだよ。たぶんインド1ヶ月旅する間に日本にいる時の一生分のイライラを体験できる気がする。そんなインドでも心から優しい人もたくさんいる。これだからインドは…分からない。常に言われていることだが、「個人を見ろ」ってことなんだよね。民族や国でくくるのがおかしいってことなんだよね。今日もいろんなインド人にイライラし、数人の大好きなインド人に癒やされている。

DSC_7340

DSC_7105

DSC_7074

DSC_7540

 

 

 

世界一周87日目『インドで乗った日本の新幹線にも匹敵する鉄道!』

DSC_7628

えっ?ここは新幹線?ってみんなで感動した。アーグラからジャイプールまでの移動で乗った鉄道。どうしたってこの感動を伝えたかった。インドの鉄道ってどういうイメージ?「汚い・危ない・盗難・痴漢・人が溢れてる…」僕もそういうイメージあった。前回紹介した記事内でも鉄道のクラスの種類は記載してあるが、実際にインドに来てみるとクラスがきちんと分かれており、女性ひとり旅でも危険なく乗れる車両もある。そんなこと来て初めて知った。そして3A以上のクラスはどれも快適。これは間違いない。遅延がものすごく頻発し、ものすごい時間遅れる以外は…。始発で6時間遅れることもあるとか…怖い。しかし今回の感動は今まで乗った寝台列車とは違うCCクラスに乗った時。乗り込んだ瞬間みんあで騒いだ「わぁ〜〜すげ〜」って。座って乗るエアコン車両だったのだ。手配してくれたインド人が「This train is No.1 Good quality in India!」って自信満々で言ってたのを思い出す。確かにそう感じた。シート間の広さ、室内の綺麗さ(日本ほどではないが)、シートのすわり心地、リクライニング、そして一番驚いたのが4時間の移動時間しか無いのに軽食も含め3回の食事。多すぎる!でも嬉しすぎる!!そして定刻ピッタリの出発で、定刻ピッタリに到着!!すげー!!インドに来て感動の閾値がめちゃめちゃ下がってる気がする。でもそれっていいことか。インドに来たら是非他の鉄道とくらべてほしい。きっと何倍も感動するから。

DSC_7100

 

 

 

世界一周88日目『漫画ワンピースの舞台? インド・ジョードプルに到着』

DSC_7841-1-01

インドには色で呼ばれた4つの街があるのはご存じですか。「ブルーシティ」「ピンクシティ」「ゴールドシティ」「ホワイトシティ」そしてそのブルーシティと呼ばれる街がここジョードプル(Jodhpur)。ピンクシティはもう通過してきたジャイプール。でもここは街全体というより一部がピンク。街を一望できる場所に言ってみても「ピンク?・・・と言うより茶色?w」と思ってしまうような場所だった※1。でもここは確かに青い。そしてその青さが街全体を涼しくするような爽やかな色で暑さが少し和らぐような印象。その空間を見ているだけでなんかワクワクしてしまう魅力的な街。そんなこの街の滞在予定は丸2日間。翌日には漫画ワンピースのモデルになったと言われるメヘランガール砦に行こう。遺跡好きに嫁のワクワクが止まらないようだ。

※1 以前記載したブログにも街全体を一望できるガルタからの写真を掲載してます。

DSC_7832-1-01

 

 

 

 

世界一周89日目『この旅で3度目。嫁の体調不良。』

DSC_7880

この旅で3度目。実は昨日から嫁がダウンしました。熱に加えだるさを訴える。前日の青いジョードプルが一望できるルーフトップのレストランでの食事も食欲が無いって言ってたし、前日からなぜか寝られなかったと体の調子が良くなかったみたい。気づけなくてごめんよ。。早く良くなってね。

DSC_7856-1

 

 

 

 

世界一周90日目『[読む必要のない愚痴です]翌朝体調は最悪に…病院に行くか?行かないのか?』

DSC_7878-1

ゔぅぅ…嫁の唸る声で目が覚める。「どうした?」「お腹が痛い…子宮が…。」お腹を抱え地べたにうずくまる。これは尋常じゃない。これはまずい、病院だ。電話で保険会社の金子さんに電話をする。海外メディカルヘルスプランに直接電話してくれと言われる。じゃ金子さんあなたはなんなんだよ!焦りからか怒りを向ける方向が違っている。言われた通り電話するが、繋がらない。日本語ではなく英語でもない。たぶんヒンドゥー語?違う番号にかけるがそれもだめ。助けを求めに宿のインド人の旦那にお願いするが、嫁に聞いてくれと取り合ってくれない。日本人の奥さんに助けを求めるが反応が薄い。こっちがこんなに焦ってるのに!病院は自力で行ってねこれから用事がある…帰ってきたら洗濯をしなきゃいけないから、その後でもいいなら…そんな悠長なこと言ってる場合じゃないんだよ!電話貸してください!お願いします!いや、それはできない…。プツンと僕の中で何かが切れた…。こんなに唖然としたのは久々だった。人ってこんなにも冷たかったか?こうなったら自力で行こうと部屋に戻る。すると僕が宿の人とゴタゴタしてる間に突然痛みが引いたみたい。腹痛は少しあるが、眠りにつこうとしていた。「病院は?」「インドの病院は嫌だから少し様子をみたい。」「わかった。」次痛みが強くなったら必ず行こうと約束してとりあえず寝かしつけた。数時間も寝ると顔色もよくなり少し楽になったようだ。でもその後は少しずつ熱が出始める。この日の夜にジャイサルメールという場所に深夜列車で移動予定だったものを急遽キャンセルしに行った。痛みはこないがこの宿はもうこれ以上いやだと、宿を移ることを二人で決めた。40度以上の猛暑の中、エアコンなしではしんどすぎるとエアコンありで綺麗な宿を探しまくった。5軒目にしてようやく落ち着いて寝れそうな宿を見つけた。オーナーも日本人が好きだと言ってくれ。嫁の荷物は自分が運ぶから宿を移る準備ができたら電話で呼んでくれとまで言ってくれた。涙が出るほど嬉しかった。元々宿にいた日本人カップルのゆきちゃんとりょうくんにもお世話になりながらなんとか宿を出た。もともとの宿のオーナー二人は具合悪そうな嫁をみても何も言わない。出る際にも僕らに一言も言わない。お金だけ払ってくれとだけ。こんなにも人に失望しこんなにも人の優しさに同時に触れたのは初めてだった。消化不良と戸惑い。二度と行くことはない宿の名前は【ダイヤモンドゲストハウス】。日本人宿って評判で有名だったのに。部屋があればゲストハウスって名乗っていいのかよ。

ただの愚痴の文章に、なってしまった…

 

 

お願い!

最後までお読み頂きありがとうございます。ブログランキング参加始めました。

できれば以下を一回クリックお願いします!応援も意味も兼ねて是非ともよろしくお願いします。
クリックによりランキングが上がるみたいです。他の楽しい旅のサイトも多数ありますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
一日一回のクリックによって私達の旅のモチベーションとなります。

 

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

スポンサーリンク


公開日:
最終更新日:2016/06/04

スポンサーリンク

青の洞窟 ギリシャ メイス島
【動画】イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた

イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた &n

cappadocia
【動画】絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー

絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー   久

カッパドキア 気球
【動画】カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色

カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色   ト

セブ島 cebu
【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島

【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島   写真だ

カッパドキア cappadicia
【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア

【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア   新し

→もっと見る

  • 〜ルート〜 フィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→トルコ→ギリシャ→トルコ→ブルガリア→イタリア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フィンランド→スペイン→モロッコ→スペイン→メキシコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ→コロンビア→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→アルゼンチン→チリ→メキシコ→日本帰国しました
  • Sota:子供の頃からムチャが好き。山遊びが好きで怪我が絶えなかった。寿司と生魚が食べられないので日本人ではないとよく言われている。高校の時から海外に興味を抱きながらも個人旅行は今回が初めて。
    Ai:虫が大の苦手。南国フルーツもアレルギーで食べられず。汚いのが嫌い。見た目はきれいめだが、実は子供の頃からやんちゃ。同じく怪我が多い幼少期。しかし海外は今回の旅で2回目。

    旅人草は世界新聞の旅するライターとして連載中
    • 254840総閲覧数:
    • 73今日の閲覧数:
PAGE TOP ↑