365嫁− 新婚旅行なのにドイツで労働してきます WWOOFを使って

スポンサーリンク

公開日: : 最終更新日:2016/01/10 365嫁, ・世界一周ハネムーン, ドイツ(Germany)

Pocket

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新

 

つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は365日)更新していきます。

写真はこの旅中に撮ったものだけを載せていきます。世界のきれいな風景、思い出の一枚、町中の何でもない…でも僕らにとったら印象深い一枚など、その時感じた感情、嫁や二人の心情も表現していきます。

【365嫁】のまとめページはこちらから

僕らの新婚旅行がどう言う風に展開していくのか。先がわからないことの不安はあるけれど、それを二人で乗り越えていくことで生まれる感動や達成感。それを全て新婚旅行の宝物にしていきたいです。どうか一緒に見守ってください。

 

2015年8月18日

世界一周183日目

DSC_4367-01

Germany,Haren (Ems)

さて、ドイツでお世話になった友人に別れを告げ、綺麗な鉄道でこれから向かうのはベルリン。しっかり休養をしたあとは”労働”します。WWOOFというオーガニック農家で労働の代わりに宿と食事を提供すしてもらうというシステムを利用してベルリンにあるハチミツ農家で2週間働く予定。【新婚旅行で労働?】これって普通にみたらありえない状況だけど、思惑はいろいろある。第一に正直、ヨーロッパはやはりお金がかかりまくる。WWOOFを利用すれば物価が高い北欧や西欧に行ってもほとんどお金を使わずに過ごせるだろうというやましい考えがあった。次に実は観光に少し飽きていたというのもある。どこ行っても街並みが綺麗で、移動の刺激がなく、安心(場所によっては夜は出歩けないが)、そんなヨーロッパに少し飽きた僕らは新たな刺激を求め、労働しようと二人で決めた。この経験が良きものになるように全力で祈りながら。少しの不安と大いなる楽しみを胸に秘め、鉄道を待つ嫁。

WWOOF Wikipediaより

 

 

 

お願い!

最後までお読み頂きありがとうございます。
以下を一回クリック!応援も意味も兼ねて是非ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
一日一回のクリックによって私達の旅のモチベーションとなります。

スポンサーリンク

関連記事

365嫁- おじさんとキスしてしまった?

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新   つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は3

記事を読む

365嫁− こういうものなのかな?夫婦って

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新 つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は365日)更新していき

記事を読む

365嫁− モーツァルトになった嫁 inウィーン

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新   つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は3

記事を読む

クアンシーの滝

365嫁− ルアンパバーン・クアンシーの滝で癒される

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新 つらつらと毎日ノルマのように嫁に関する写真を毎日(目標は36

記事を読む

365嫁- スッピンでも全く気にしなくなった嫁

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新   つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は3

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

青の洞窟 ギリシャ メイス島
【動画】イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた

イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた &n

cappadocia
【動画】絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー

絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー   久

カッパドキア 気球
【動画】カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色

カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色   ト

セブ島 cebu
【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島

【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島   写真だ

カッパドキア cappadicia
【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア

【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア   新し

→もっと見る

  • 〜ルート〜 フィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→トルコ→ギリシャ→トルコ→ブルガリア→イタリア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フィンランド→スペイン→モロッコ→スペイン→メキシコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ→コロンビア→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→アルゼンチン→チリ→メキシコ→日本帰国しました
  • Sota:子供の頃からムチャが好き。山遊びが好きで怪我が絶えなかった。寿司と生魚が食べられないので日本人ではないとよく言われている。高校の時から海外に興味を抱きながらも個人旅行は今回が初めて。
    Ai:虫が大の苦手。南国フルーツもアレルギーで食べられず。汚いのが嫌い。見た目はきれいめだが、実は子供の頃からやんちゃ。同じく怪我が多い幼少期。しかし海外は今回の旅で2回目。

    旅人草は世界新聞の旅するライターとして連載中
    • 214763総閲覧数:
    • 80今日の閲覧数:
PAGE TOP ↑