もう!大好きドゥマゲッティ!子供。雰囲気。全部よし?

スポンサーリンク

公開日: : 最終更新日:2015/06/20 フィリピン英語留学中, ・世界一周ハネムーン , ,

Pocket

こんばんは。世界一周中の旅人草−tabibitosou−です。

ただいまフィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイのチェンマイにいますが遅れてのブログ更新中です。

ようやくフィリピンの更新です。気長にお待ちください(^^)

 

フィリピン・ドゥマゲッティ

フィリピン留学の休みを利用して日帰りでセブ島の隣のネグロス島・ドゥマゲッティ(Dumaguete)に行ってきた。特に特別な観光地があるわけではないこの土地のになった理由を述べながら振り返っていきたい。

そもそもドゥマゲッティに行こうと思ったきっかけは「ドゥマゲッティは条例でゴミのポイ捨ては禁止されているので街にゴミはない」という記事を読んだから。

でもやはりそこはフィリピン。ゴミはありました。行く前に先生たちにも「絶対ゴミあるよ」って言われていったし僕らもそれを想像して言ったのでやはりなぁというのが正直な感想。でもセブ市内に比べたら遥かに少ないゴミの数にそれだけで感動しました。

そして何よりの収穫は子どもたちとの出会い!!!(^^)

ただし最後にはは事件が・・・

ドゥマゲッティってどこ?

フィリピン・セブ島の横の島の一つ。ネグロス島の街です。

スクリーンショット 2015-03-27 12.44.09

ドゥマゲテDumaguete)は、フィリピン中部の中部ビサヤ地方(Central Visayas, Region VII)に属しているネグロス・オリエンタル州の州都である。1948年6月15日、都市として誕生した。面積は34km²、人口は103,000人(2004年)である。

治安は安定している。市内には、シリマン大学、フォンデーション大学、セントポール大学、ノース大学など規模の大きい大学が数多くある。

特にこの市にあるシリマン大学は、フィリピンでは珍しいプロテスタント系の大学で、アジア各地から多くの学生が集まり、市の人口の多くが学生と大学関係者という学園都市である。

また観光も盛んである。ドゥマゲッテの海岸近くから南部に向けて、バコン、ダゥイン、サンバンギータ付近に至るまで各地にプライベートリゾートが乱立している。シャトンやバヤワン市周辺の浜辺は特に美しく一年中泳ぐのに適している。主なマリンスポーツとしてはダイビングが挙げられる。特にフィリピン有数のダイビングスポットであるアポ島 (ROSIE DIVE SHOP提供) とその周辺海域を始め、海を挟んだセブ州南端部に浮かぶスミロン島も人気が高い。

※Wikipediaより抜粋

 

 

フィリピンセブ市内からバスで4時間(160ペソ:約420円)、フェリーで20分(62ペソ:約165円)、市内までジプニー10分で(10ペソ:約26円)。

時間かかるが、移動費はおどろくほど安いのがフィリピン!ありがたい!!

こんなに長時間かかるから朝早く4時半には行動開始。一日遊んで帰ってきたのは夜8時くらい。先生たちからは「日帰りで行くの!?」ってびっくりされましたが、いけるっしょ!って軽い気持ちでスタート。確かにハードだったこの小旅行だったけど、行った価値が絶対ある場所だった。何がよかったかは下に写真にて紹介していきます。

DSC_9261

DSC_9033

 

とにかく大好き子どもたち

この写真見るだけでもいつも幸せになります!

幸せすぎて「どの写真も載せたい」って載せてたらすごい数になっちゃいました。

DSC_9035-01この街は学園都市と言われる。一見真面目そうな彼らもカメラを向けると笑顔で応えてくれた。最初はきゃーってめっちゃ照れてたけどね。

 

DSC_9193-01大好きな一枚。サドルないんだけどね。

DSC_9189-01

DSC_9187-01

DSC_9181-01

DSC_9177-01

DSC_9173-01

DSC_9169-01ビーチで波さえあれば遊べる子どもたちの発想力・想像力・パワーがすごい。子供ってどうしてなんでもおもちゃにできるのか。頭が柔軟なんだろうと思う。

 

 

DSC_9121

DSC_9134僕は覚えたてのフィリピン語を子供の前で披露すると喜んでくれて。すぐに打ち解けられた。

DSC_9129

DSC_9130-02誰よりも前に。牛のように突進しようとする子を必死に止める。
DSC_9126

DSC_9123

DSC_9142

DSC_9140

サッカー大好きもっちーは子供たちから大人気で

DSC_9161-02

コレも新発想。トイレットペーパーがおもちゃ。もったいないとか環境破壊とか大人は言うだろうけど、子供にとっては関係ない。おもいっきり遊ぶそれだけ。

DSC_9213-01明らかに狙ったね。この目は。

DSC_9224

DSC_9225

最後にコレ見てとバク宙。僕も真似したかったけど。バク宙はさすがに。良い物見れたありがとう。

 

 

 

DSC_9277-01もう大好き!としか言えないこの表情。

DSC_9281-01写真やっててよかったなって。この表情がずっと残るもんね。

DSC_9286-01自分大好きこの子も

DSC_9287-01ちょっと照れるこの子も

DSC_9289-02決めポーズしちゃうこの子も

DSC_9294-01少し大人のこの子も

DSC_9296-01ずっと追っかけてきたこの子も

DSC_9298-01みんなカメラ大好きで

DSC_9307-01僕もこの子たちが大好きになって

DSC_9312-01

DSC_9306すごい短い時間だったけどお別れがすごく寂しくかった

 

 

とにかく大好き街の雰囲気

DSC_9070-01

DSC_9075-01

 

DSC_9106-01時々は

DSC_9099-01誰だって

DSC_9094-01カッコつけたって

DSC_9088-02いいんじゃない!

DSC_9120

DSC_9232

DSC_9264

思わずポーズを決めたくなっちゃう、かっこつけたくなっちゃう場所でした。

 

 

 

最後に意外な落とし穴だったコーラパクられ事件!総額11円!?

帰り際、完全に油断しきっていた僕らに襲い掛かった悲劇。

コーラパクられ事件の詳細はこちらの記事から

collage

被害総額11円!悲劇のフィリピンでコーラパクられ事件発生。

 

今になってみれば笑い話ですが、

【どんなに安全だと思っている海外でも不用意に物を出していると撮られる可能性がある】

ということ。それからは携帯もカメラも、コーラも(笑)不用意には人前に出さないようにしています。

皆様も是非ご注意ください。

 

 

 

 

まとめ

ドゥマゲッティはとにかく、観光地に行くのではなく、のんびり街を散策したい!という方にオススメの場所です。僕らもフィリピンに再び行く機会があればもう一度行きたい場所の一つがここです。学校も多いこの土地で子どもたちと本気で遊んでみるのも旅の良い。思い出になると思います。

やはりゴミはあったよね・・・でも大好きだな

DSC_9038

 

 

お願い!

最後までお読み頂きありがとうございます。

そして以下を一回クリックお願いします!応援も意味も兼ねて是非ともよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
一日一回のクリックによって私達の旅のモチベーションとなります。

 

スポンサーリンク

関連記事

365嫁−カンボジアの雑貨かわいかったな

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新 つらつらと毎日ノルマのように嫁に関する写真を毎日(目標は36

記事を読む

365嫁- スッピンでも全く気にしなくなった嫁

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新   つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は3

記事を読む

365嫁- ハンピで泊まっている宿は【カルヤンゲストハウス】

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新   つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は3

記事を読む

ベトナムコーヒー

365嫁−もともと珈琲は嫌いでした

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新 つらつらと毎日ノルマのように嫁に関する写真を毎日(目標は36

記事を読む

365嫁− タイでの洗濯はとても楽ちん

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新 つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は365日)更新していき

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

青の洞窟 ギリシャ メイス島
【動画】イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた

イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた &n

cappadocia
【動画】絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー

絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー   久

カッパドキア 気球
【動画】カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色

カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色   ト

セブ島 cebu
【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島

【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島   写真だ

カッパドキア cappadicia
【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア

【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア   新し

→もっと見る

  • 〜ルート〜 フィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→トルコ→ギリシャ→トルコ→ブルガリア→イタリア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フィンランド→スペイン→モロッコ→スペイン→メキシコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ→コロンビア→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→アルゼンチン→チリ→メキシコ→日本帰国しました
  • Sota:子供の頃からムチャが好き。山遊びが好きで怪我が絶えなかった。寿司と生魚が食べられないので日本人ではないとよく言われている。高校の時から海外に興味を抱きながらも個人旅行は今回が初めて。
    Ai:虫が大の苦手。南国フルーツもアレルギーで食べられず。汚いのが嫌い。見た目はきれいめだが、実は子供の頃からやんちゃ。同じく怪我が多い幼少期。しかし海外は今回の旅で2回目。

    旅人草は世界新聞の旅するライターとして連載中
    • 203712総閲覧数:
    • 14今日の閲覧数:
PAGE TOP ↑