365嫁− ルアンパバーンの托鉢はもう美しい光景ではないかも

スポンサーリンク

公開日: : 最終更新日:2015/05/17 365嫁, ラオス(Laos), ・世界一周ハネムーン

Pocket

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新

つらつらと毎日ノルマのように嫁に関する写真を毎日(目標は365日)更新していきます。

写真はこの旅中に撮ったものだけを載せています。

自己満足になりますので、飽き次第他のページに移ってください(^^)笑

【365嫁】のまとめページはこちらから

 

 

世界一周26日目

托鉢 ルアンパバーン

世界一周する前に旅のブログを見て敬虔な仏教徒を見られるとルアンパバーンにいつか行ってみたいと思っていた。上記がその修業の一つの托鉢(たくはつ)で「仏教やジャイナ教を含む古代インド宗教の出家者の修行形態の1つで、信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞い、信者に功徳を積ませるもの」と言われている。同じ仏教徒とうたって旅をする僕ら夫婦とは何か威厳が違う仏教徒の姿を実際に感じたく、まだ空は薄暗い早朝5時に起き、その光景を待った。最初は人はほとんどいなかったが、少しずつ集まってきた。と思ったら殆どの人が托鉢ツアーの観光客で、ざわざわとうるさい。多すぎるほどの席が用意され、レクチャーを受け始めた。実際にお坊さんたちの托鉢が始まるとさらに人は増えた。僕らの見て回った通りではその中の数%ほどの人しか地元民はいないのではないかとさえ感じられた。これほど宗教の申請なる行いが観光化されていることにショックを受けた。僕ら二人とも普段は何か感動した時はどこがどうよかったかお互いに言うのだが、今回はそれがなかった。多分嫁も同じ気持でどこか複雑でどう捉えたら良いのか分からなかったのだと思う。写真も数十枚撮って終わりにしてしまった。何かすっきりしないそんな一日のスタートだった。

 

托鉢 ルアンパバーン

 

 

 

 

 

 

お願い!

最後までお読み頂きありがとうございます。

そして以下を一回クリックお願いします!応援も意味も兼ねて是非ともよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
一日一回のクリックによって私達の旅のモチベーションとなります。

 

スポンサーリンク

関連記事

365嫁− キャンディで1000円代の格安宿みーつけた♪ 今日は移動のみ!

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新   つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は3

記事を読む

パムッカレ

365嫁- 美しい棚田は今?パムッカレで確かめる

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新   つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は3

記事を読む

フィリピン ジプニー

超快適!フィリピン・ジプニーの乗り方と注意点

フィリピン・セブ市内移動はジプニーで決まり フィリピン留学でセブ島に留学した際、最初は街の雰囲気に

記事を読む

寄稿:嫁が泣いた南米の絶景7選【嫁の観察日記 @世界一周】

他人の嫁を通して世界一周しよう 世界新聞さんで連載を書かせて頂いてます。【嫁の観察日記】。バッ

記事を読む

フィリピン留学でクリスマスパーティ

Christmas party 毎日いろんなことが起きる、毎日何をシェアしようか悩む(^^

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

青の洞窟 ギリシャ メイス島
【動画】イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた

イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた &n

cappadocia
【動画】絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー

絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー   久

カッパドキア 気球
【動画】カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色

カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色   ト

セブ島 cebu
【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島

【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島   写真だ

カッパドキア cappadicia
【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア

【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア   新し

→もっと見る

  • 〜ルート〜 フィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→トルコ→ギリシャ→トルコ→ブルガリア→イタリア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フィンランド→スペイン→モロッコ→スペイン→メキシコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ→コロンビア→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→アルゼンチン→チリ→メキシコ→日本帰国しました
  • Sota:子供の頃からムチャが好き。山遊びが好きで怪我が絶えなかった。寿司と生魚が食べられないので日本人ではないとよく言われている。高校の時から海外に興味を抱きながらも個人旅行は今回が初めて。
    Ai:虫が大の苦手。南国フルーツもアレルギーで食べられず。汚いのが嫌い。見た目はきれいめだが、実は子供の頃からやんちゃ。同じく怪我が多い幼少期。しかし海外は今回の旅で2回目。

    旅人草は世界新聞の旅するライターとして連載中
    • 203712総閲覧数:
    • 14今日の閲覧数:
PAGE TOP ↑