セブからバスで4時間!透き通った水に出会えるカワサン滝

スポンサーリンク

Pocket

先生たちに紹介してもらって透き通ったエメラルドグリーンの水が見られ、滝で遊べるところがあると聞き出かけてきました。

到着までに4時間のバス移動は思った移動に過酷でしたが、行った価値はあったかなと思いました。

近くにあるホワイトビーチにいけなかったのが悔やまれましたが、週末の良い息抜きになりました。

カワサン滝まで

 

 

滝に打たれる映像はこちらから

 

 

 

行き方

・学校からジプニーで30分(8ペソ

・調度良い所で途中で降り歩いてSouth Bus Terminal(サウスバスターミナル)まで

South Bus Terminal(サウスバスターミナル)からバスでKawasan Falls(カワサン滝)まで4時間(片道126ペソ:約328円

バス内でチケット売っている人にカワサンで降りたいから教えてくれと伝えておけばタイミングで降ろしてもらえます。そうしないと降りるタイミングがわからないのでいつの間にか通りすぎてしまう可能性もあります。

※この時わずかに高いですがエアーコンディショナルバスをおすすめします。私達は先生たちにもそう言われていたのですが満員過ぎて1本遅くのにしようと話し合い降りてしまいました。するとエアーコンディショナルバスは30分に一本と言われ、しょうがなく普通のバスに乗ったのですがそれがなかなか過酷で・・・

Kawasan Falls

バスの乗り方

・バスターミナルで「カワサンに行きたい」「エアーコンディショナルバスが良い」と伝えると誰でも親切に教えてくれるので大丈夫です。

最終的に運転手に「これはカワサンに行くか」を念のため確認して下さい。

 

・チケットなどは買わずに乗り込みます。

出発後に車掌さんらしき人が行き先を聞いてくるので「カワサン」と伝えるとパンチで穴を空けたチケットをくれるのでそれに従ってお金を払います。

フィリピンバスチケット

※この場合175ペソを意味します。別に日に撮影したのでカワサンまでの運賃とは違うものになってます。

 

・あとは降りる場所をグーグル・マップでチェックしながら目的地に近くなったら車掌に「カワサン滝に行きたいから降りる場所教えてくれ」と頼めば、おろしてくれます。

セブのバス

 

いざカワサン滝へ

さて、 降りて最初の仕事はガイド探しです。探すと言っても向こうから寄ってくるので、良さそうな人をこっちがピックアップするだけです。

※1この際に[一人分の料金か全員でいくらか]また[ガイドは一人で良い。一人分しか払わない]ときちんと聞いて伝えておくべきです。もちろん値段交渉もここで。適当に流そうとする人にはついていかないほうが後々楽です。私達は全員で150ペソで交渉したつもりでした。しかしこの際にきちんと全員で150ペソときちんと伝えてなかったので後々一人150ペソと言われしぶしぶ払いました。

※2また私達はなぜか1グループ一人で十分のはずのガイドが2,3人付いてきてしまいました。それが後々ガイドと喧嘩するハメになったので、値段交渉は最初にしておくのが基本でしたね。無事に着いたことにホッとしてボケっとしてました。

 

 

最初にエントランス料を40ペソ払いました。

ガイドに連れられ、15分位歩き滝に向かいます。川沿いを歩くのですがその水が澄んだこと澄んだこと。滝に着くのが楽しみになります。

 

カワサン滝まで

この日は不幸にも雨が降ってきたのでレインウェアと傘が必要だった。

川も少し濁り気味。

カワサン滝まで

 

IMG_7214

 

カワサン滝まで

 

カワサン滝まで

 

カワサン滝まで

 

到着!!

kawasan falls

 

DSC_8679

 

DSC_8684

 

滝のすぐ近くにはテーブルなどが用意されており1グループごとにテーブル使用料を払うように言われます。(300ペソを人数で割ります)

カワサン滝

 

カワサン滝

 

お昼は節約のために買ってきたパンとカップラーメン。

お湯はオーナーに言って10ペソだけ払いました。笑

IMG_7222

 

 

 

 

水に入るだけならそれだけでそれだけでいいのですが、私達はバンブーボート(竹で出来たボート)に乗りために、別途一人500ペソ払いました。

※バンブーボートの内訳
ボート代:300ペソ(全員で)
ライフジャケット:100ペソ(一人)
ボートのドライバー代3人分:900ペソ(全員で)

※私達3人のために3人もドライバーはいらないのではないか。3人分の料金がしっかりあとで請求された時にそう思いました^^;

カワサン滝まで

 

いざバンブーボートに乗って滝に近づいていくのですが、遠くで見ていた時の何倍にも膨れ上がる恐怖は今でも忘れられません。

そして、一度滝の下に入るとあまりの水圧で息もできない。そして打ち付ける水流の痛いこと痛いこと。

ボートのドライバーは「良いマッサージだろ!今度は違うポーズだ」と私達を何度も滝の下に誘導してきました。

冷たい水と痛さにより早々に嫁はドロップアウト。

なかなか味わえない体験をできたことはよかったです。

滝の威力を完全になめてましたね(^^)

kawasan falls

 

IMG_7234

 

IMG_7240

 

IMG_7251

 

 

 

この体験のあとにもう一つ違う滝があるということで、ガイドに連れられ、約10分ほど歩いたところに行きました。

そこは一番下の滝ほど人もいないので、友人は好き勝手に泳いで遊んでいました。私達はバンブーボートで疲れてしまいただ見ていました。

そこから2番目の滝から更に徒歩20〜30分ほど歩くと川の源泉らしき、泉を見ることができると学校の先生に教わっていたのでガイドに連れてってくれと頼んだら、「遠いから嫌だ」とあっさり断られました。時間も3時を過ぎていたので、帰ってくるころには夕暮れになり危ないのも断られた理由の一つかもしれません。

kawasan falls

DSC_8699

 

 

最後に精算

きれいな水と滝を存分に味わったのでガイドに連れられ、帰りのバスを待つところまで戻ってくるといきなり「2番目の滝まで連れて行ったから一人200ペソよこせ」と言い出してきました。「そんなことは聞いてない。俺は最初にお前じゃないガイドに150ペソと確認たはずだ。絶対払わない。」と熱くなってしまい。ガイドと喧嘩する羽目に・・・

お互い一歩も引かず10分程度言い争ったあと、最終的に「わかった。俺はもう一銭も払わない。」と言い放つと、ようやく「わかった。150ペソでいい」と向こうが折れました。冷静に振り返ってみると50ペソなんて日本円で150円もいかないくらいの金額なんですけど、たいしてガイドしてもらったわけでもなく、日本人なら金を取れるだろうみたいなやり取りに腹が立ってしまい、つい喧嘩してしまいました。海外で言い争うのは危険も伴うため、やめたほうが良いのでしょうが、日本人として舐められぱなしは納得出来ないので。引き下がるときは引き下がります、ちゃんとね。

 

最後に

セブ市内からカワサンに行く場合は、バスは本当に長く混み具合によっては立ち乗りになることもあるので覚悟して行く必要があるかなと思います。(特に帰り)

最後には少しいざこざがありましたが、全体的に満足の行く観光でした。

今度は近くのホワイトビーチに行きたいです。

 

DSC_8706

 

 

 お願い!

最後までお読み頂きありがとうございます。

そして以下を一回クリックお願いします!応援も意味も兼ねて是非ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

一日一回のクリックによって私達の旅のモチベーションとなります。

 

スポンサーリンク

関連記事

365嫁− 思わず手を合わせたくなる洞窟内の仏様

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新 つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は365日)更新していき

記事を読む

365嫁- 外気温43度。人生で一番熱い(暑い)夏をここインドで体験。

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新   つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は3

記事を読む

365嫁− 新婚旅行なのにドイツで労働してきます WWOOFを使って

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新   つらつらと毎日嫁に関する写真を(目標は3

記事を読む

格安スペイン語留学

寄稿:300円でスペイン語を学ぶ【嫁の観察日記 @世界一周】

他人の嫁を通して世界一周しよう 世界新聞さんで連載を書かせて頂いてます。【嫁の観察日記】。バッ

記事を読む

ベトナム旧正月

365嫁−ベトナム旧正月に苦しむ?!

世界一周中に撮った嫁の写真を毎日更新 つらつらと毎日ノルマのように嫁に関する写真を毎日(目標は36

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

青の洞窟 ギリシャ メイス島
【動画】イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた

イタリアより綺麗と噂のギリシャ(トルコ)の青の洞窟に行ってみた &n

cappadocia
【動画】絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー

絶対見て欲しい絶景!カッパドキアの気球ツアー   久

カッパドキア 気球
【動画】カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色

カッパドキアの100個以上の美しい気球の景色   ト

セブ島 cebu
【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島

【動画】写真だけで見るフィリピン・セブ島   写真だ

カッパドキア cappadicia
【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア

【動画】写真だけで見るトルコ・カッパドキア   新し

→もっと見る

  • 〜ルート〜 フィリピン→ベトナム→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→インド→ネパール→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→トルコ→ギリシャ→トルコ→ブルガリア→イタリア→オーストリア→チェコ→ドイツ→フィンランド→スペイン→モロッコ→スペイン→メキシコ→キューバ→メキシコ→グアテマラ→メキシコ→コロンビア→ペルー→ボリビア→アルゼンチン→パラグアイ→アルゼンチン→チリ→メキシコ→日本帰国しました
  • Sota:子供の頃からムチャが好き。山遊びが好きで怪我が絶えなかった。寿司と生魚が食べられないので日本人ではないとよく言われている。高校の時から海外に興味を抱きながらも個人旅行は今回が初めて。
    Ai:虫が大の苦手。南国フルーツもアレルギーで食べられず。汚いのが嫌い。見た目はきれいめだが、実は子供の頃からやんちゃ。同じく怪我が多い幼少期。しかし海外は今回の旅で2回目。

    旅人草は世界新聞の旅するライターとして連載中
    • 214765総閲覧数:
    • 82今日の閲覧数:
PAGE TOP ↑